学生のための脱毛の疑問

学生の方は、ムダ毛を意識し始めるお年頃ですよね。
ミュゼプラチナムは、安くて痛くないといった魅力もあるので気になる学生の方も多いのではないのでしょうか。
学生でも施術は受けられるのか?といった疑問などを調べてまとめてみました。

・16歳以上の方が施術可能です。
高校生以上の方が施術可能なんですね。
一人で密かに悩み解決をして、自信をもって学生生活をより楽しいものにしたり、お友達と一緒に通うなど、楽しみもありますね。
もちろん、学生の方は学業が優先ですので、その点はしっかり頑張ってくださいね。
16歳以下でも、両脇6回脱毛コースのみですが、施術可能です。

・未成年なので
施術は可能ですが、未成年ですので、保護者の同意書が必要になります。
大事なことなのできちんと相談するようにしてください。
ミュゼでは、無料カウンセリング時に同伴してもらうのがおすすめです。

・親に許可がもらえるか心配…
これは言い出すのが難しいですよね。
言い出すのが恥ずかしかったり、絶対許可くれないと思う…などなど。
学生ならではの悩みだったりするかと思います。
しかし、ムダ毛が濃いことなどが気になって、それが悩みなのも嫌。
勇気をだしてみるのも、ひとつの成長になるのではないでしょうか。
言い出せないまま、悩みをかかえたまま学生生活を終わらせることはもったいないですよね。
16歳の方の場合、成人まで4年ですが、ここで勇気をだして自信をもてるようになるのもありだと思います。

ケノンの口コミ評価

kenon
お金を払って製品を購入する時、専門家やまわりの評価を調べるのはよくあることです。それが高額なものになるほど、その対価に見合う製品かどうかは大切です。
日本で販売されている脱毛器具「ケノン」は高い脱毛効果を評価されている製品です。今回はケノン 口コミでの評価について調べました。

評価について
まず、口コミを調べたところ「こんなに脱毛できました」と言った形のブログが数多く発見されました。そのほとんどが画像を載せたもので、一種の怪しさを感じさせます。
その多くは実際に利用されたものなのは間違いありませんが、口コミのマーケティング効果を狙った広告をしている可能性はありそうです。評価を鵜呑みにせず、悪い評価と比較してみると良いでしょう。

脱毛効果
良い口コミ
・埋没毛にならず、肌に優しい ・後が残らずきれいに抜けた ・使いやすく、カートリッジ機能が便利

悪い口コミ
・薄くはなったが、脱毛まではいかない ・照射が痛く感じる ・続けても効果がみられない

価格(98,000円)
良い口コミ
・本物のエステサロンで脱毛しているよう ・これでこの価格は安い ・続けてしようできるので、この値段でも納得

悪い口コミ
・費用対効果が感じられない ・高く、無駄な買い物をしてしまった ・一度の照射で脱毛できず、カートリッジを消費してしまう

まとめるとこのような評価があり、良い評価を書いているところが検索の上位に来ています。
ケノンを評価しにくい原因は家電量販店などで取り扱いをしていないところです。ブランド性を高め、実際に購入しないと分からないところも多くあります。高額な製品ですので調査してから決断しましょう。

脱毛ラボのカウンセリング

labo

 

安くで脱毛できる脱毛ラボでは、施術前に無料カウンセリングを受けることができます。

カウンセリングでは、脱毛に関しての詳しい説明や、料金の説明をしてもらえます。
質問すればきちんと答えてくださるので、わからないことがあれば、そのままにせずきちんと聞いておくのが良いです。

カウンセリング時間はだいたい一時間程のようで、たくさんお話や質問ができます。
肌荒れしやすいなどがあれば、このときに言っておくと、万が一肌荒れしたときにスムーズに対応してくださるかと思います。

サロンスタッフさんも腕がいいだけでなく、綺麗な方がいっぱいで、サロンへカウンセリングに行くだけでも自分も綺麗になれるような感じがしますね。
カウンセリングは無料で受けられるのですが、カウンセリングだけを受けたいといった方もおられます。
契約するつもりはないけど、カウンセリングだけって行っていいの?といった疑問があったので調べてみました。

サロンスタッフさんは、ほとんどのお客さんが契約するつもりでサロンへ来ているため、カウンセリングだけというのは少し珍しいといったように感じるのではないかと思います。
ボランティアでカウンセリングを行っているのではないので、困らせてしまう可能性があります。
でも、脱毛を検討しているのなら大丈夫でしょう。
契約する時に印鑑や現金が必要になる場合があるので、契約する気がなくても一応持って行くのが良いですね。
契約しなくてもカウンセリングは無料で受けられますが、全く考えていないのなら、とりあえずネットや雑誌などで色々調べて、やっぱりしたい!となってからカウンセリングを受けるのがお互いに良い対応ができるので、おすすめです。

パーセンテージの裏側.

薬事法ってご存知でしょうか。よく分からないけれど聞いたことはある、という人がほとんどなのでは。ひょっとしたら、字だけを読んで、薬に関係する法律だと誤解している人もいるでしょう。確かに薬に関する内容もありますが、それ以外のもの、医薬部外品、化粧品、医療機器などに関しても適用されます。

とはいえ、一般人からすれば、化粧品はともかく、具体的にどういったものが対象なのか、よく分かりませんよね。平たく言えば、健康に直接作用、影響を及ぼすものと言えばいいのでしょうか。

この中でも、医療機器については、専門機関でなければ取り扱えないものがあります。病院の検査機器などがそれに当たります。そして、美容外科や皮膚科などで取り扱う脱毛機器も、これに当たります。専門家が取り扱うだけに、その効果は絶大で、また、患者ひとりひとりに合わせた処置を行うので、安心感もあります。

一方、家庭用の脱毛機器は、効果が格段に落ちてしまいます。医療機関で扱う機器ほどの性能を持ったものは、安全上、素人が扱うことを禁止しているからです。

現在、様々な家庭用脱毛器が市場に出回っていますが、「絶対に脱毛できる」という謳い文句を聞くことはありません。これも、薬事法で届出以上の効能を謳ってはいけないと決められているからです。ですから、「○○%の人が満足」としか広告することができません。

家庭用脱毛器を購入するときは、口コミなどで、あらかじめ調べてからにした方が良いでしょう。そのときは、くれぐれも公平性を持つ口コミを参考にしてくださいね。

楽じゃなかった

2014-08-11_105104
もうずいぶんと前の話になりますが、一度だけ家庭用脱毛器を購入したことがあります。

当時は、まだまだ家庭用脱毛器は高額でしたが、たまたま安く手に入れる機会があって、購入の運びとなりました。たしか、高周波脱毛だったと記憶しています。

商品が届いたその日、私は説明書に丹念に目を通し、さっそく使ってみました。まず、脚の薄い毛で実験です。

説明書通りに、機器のスイッチを入れ、あらかじめ短くしておいた脚の毛をプローブで挟み、待つこと十数秒。挟んでいた毛が、するりと抜けました。痛みも何もありません。

よし、いける。そう実感した私は、一番の目的だったワキの処理に取り掛かりました。一本一本、丁寧にプローブで挟んで抜いて行きます。脚と比べると毛が濃く太いため、一本処理するのに一分以上かかります。それでも私は、嬉々として処理を続けました。が、それも最初のうちだけ。

肩が凝り、目は疲れ、プローブを持った手は腱鞘炎を起こしそうなほどの痛みを覚えました。結局、身体が悲鳴を上げ始めたところで、あえなく処理は打ち切り。その後も、何度となく挑戦してみましたが、疲労には勝てず、脱毛器はそのまま押入れの肥やしとなりました。

そして、それから数か月。同僚にその話をしたところ、使わないのなら譲ってほしいと頼まれ、脱毛器は彼女の手に。

そして、また時は流れて、その同僚の家に遊びに行ったときのことです。同僚の息子が何気なく開けた押入れの中、脱毛器は他の物の中に埋もれていました。どうやら、同僚もその機器に期待をするのを諦めた模様。ただ、笑っていました。

今では、その同僚との交流も途絶えています。

その後、その他大勢と化していた脱毛器がどういう運命をたどったのか、知る由もありません。

予算削減!

エステサロンが身近な存在になったとはいえ、やはり予算と時間が悩みどころです。そんな事情から、家庭用脱毛器を購入して自己処理をしている人も多いようです。

さて、この家庭用脱毛器、どのような種類があるかご存知ですか? ここで、家庭用脱毛器に採用されている脱毛方法を挙げてみましょう。

① ローラー

電気で回転させたローラーで、体毛を挟んで脱毛する方式です。家電店で安く手に入りますが、痛みがあるのがたまにキズ。

② サーコミン

熱線を毛に触れさせて焼き切るというもの。体毛だけに作用するので、痛みはありません。どちらかというと、脱毛ではなく除毛ですね。

③ 高周波

体毛1本ずつに高周波を当てて毛根に熱を発生させ、毛根を収縮させて脱毛する方法です。

④ レーザー

レーザーが、メラニン色素に反応することに着目した方法です。少し痛みを伴います。

⑤ フラッシュ

原理はレーザーと同じですが、レーザーと比べ光の出力が弱くなっています。その分、レーザーよりは痛みも小さいようです。

 

ローラー以外は少し値が張るようですが、長い目で見ればサロンに行くよりは安くつくようです。後は、根気との勝負ですね。

え? 自分は節電対策で手動脱毛器を使っている?

それって、毛抜きのことですか?

年齢制限

サロンによっては、小学生から受付をしてくれる脱毛処理。はたして、家庭用脱毛処理器においてはどうなのでしょうか。気になるフラッシュやレーザーの実情を調べてみました。

今のところ、明確に年齢制限を設けている商品はほとんどないようです。ただ、医学的にみると、脱毛は18歳前後からの方が良いとのこと。これは、まだ成長期にある子どもの脱毛を行っても、再び発毛する可能性が大きいからです。確かに、ホルモン分泌が盛んに行われることを考えると、うなずけますね。子どもの脱毛を実施しているサロンがあまり見受けられないのも、こういった理由からなのでしょう。

それでも、やはり子どものムダ毛を処理したい、そう思うのであれば、保護者が必ず面倒を見るというのは当然のことです。子どもは、時に頭より先に体が動いてしまいます。好奇心が旺盛な子なら尚のこと。下手をすれば、事故につながりかねません。万が一のことを考えて、お子さんのムダ毛を処理するときは、側にいてあげてくださいね。

今の子たちは、とってもオシャレ。ムダ毛を気にし始める年齢も早いでしょう。保護者が側にいて、最善と思われる手段を選んであげてください。

ところで、余談ではありますが、脱毛する年齢に上限はないそうですので、おばあちゃんを巻き込んでも楽しいかもしれませんね。でも、フラッシュとレーザーは、白髪に反応することはありませんので、悪しからず。